お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

タワーレコードも音楽配信事業へ参入--ナップスターと提携し来年春にサービス開始

2005/08/04 13:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タワーレコードと米ナップスターは8月4日、日本市場における音楽配信事業に関して業務提携をし、合弁会社を設立すると発表した。

 新会社は「ナップスタージャパン株式会社」になる予定で資本金4億9千万円、出資比率はタワーレコード68.5%、ナップスター31.5%となる。設立は今年10月、サービス提供開始は2006年4月を予定している。

 ナップスターは2003年11月よりサービスを開始しており、総会員数は米国、英国、カナダあわせて約50万人、総ダウンロード数は約5億曲となっている。また、まもなくドイツでもサービスを開始する。

 課金方式はiTunes Music Store同様に1曲単位の従量課金サービス「アラカルト・サービス」と月々定額の会費を支払うことで無制限で音楽をダウンロードできるサービス「サブスクリプション・サービス」を用意する。価格や楽曲を提供するレコード会社については「現在交渉中で、まだ発表できる段階ではない」(タワーレコード)

 タワーレコードでは今年に入ってから音楽配信事業について検討していたが、ナップスターとの提携について具体的に協議に入ったのは6月末とのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社