お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジカメ「700万画素」は買いか?最新春モデルの賢い選び方

2005/04/01 10:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジカメの進化はとどまることを知らない。とくに、画素数だけならばハイエンドクラスのEVF機や一眼レフに引けをとらない性能をもっているのが現在のコンパクトデジカメ、略して“コンデジ”だ。そのなかでも、大きな話題性をもって登場したのが、キヤノンの710万画素コンデジ「IXY DIGITAL 600」。

 「BCNランキング」から、今年1−3月発売の春モデルの販売台数ランキングを見ると、登場から1か月にも満たない段階で早くも1位をゲット(表)。700万画素という性能が、単なるエポックメイキングで終わらずにコンシューマに正しく理解されていることを証明してみせた。

 一方、700万画素機の普及にともないコンデジのボトムアップが行われた結果、改めて注目されつつあるのが、少し前までの上位機種だった500万画素クラス。700万画素機を頂点とした結果、500万画素機がコンデジの大勢を占めるようになり、主流となっているのが現状だ(図)。

【図表と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社