お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CeBitで注目を集めた各社の最新携帯電話機

2005/03/14 20:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界最大の通信・技術のトレードショウ「CeBit 2005」では、多くの携帯電話メーカーが最新機種を展示し、来場者の話題を集めていた。

 メーカー各社は先週ドイツ・ハノーバーに集まり、この1年に出荷する製品を展示した。CeBitで展示された携帯電話の多くは、まず欧州市場で出荷され、その後北米市場に登場することになる。

Sony Ericsson W800 「ウォークマンケータイ」

 最新の携帯電話は無線通信業界の最新トレンドを反映して、高品質なデジタルカメラ、内蔵型音楽プレイヤー、無線接続技術などの機能を搭載していた。

 Samsungは、7メガピクセルカメラを内蔵した携帯電話「SCH-V770」を展示していた。SCH-V770には3倍光学ズーム、フラッシュ、マニュアルフォーカス、32Mバイトのメモリが搭載される。現時点で、同機種の北米市場での販売予定は決まってない。

 Samsungは今年北米市場で、5メガピクセルカメラを内蔵した機種を投入する。さらに、第2四半期には2メガピクセルのカメラ付き携帯電話を発売する。7メガピクセルおよび5メガピクセルカメラを搭載するモデルの価格は決まっていない。2メガピクセル搭載機種の予想価格は、249〜299ドルになるという。

Nokia 6230i
Motorola V1150

 Sony Ericssonは、Walkmanブランドを冠した初の携帯電話「W800」を展示していた。W800は、音楽プレイヤー、FMラジオのほか、2メガピクセルカメラも搭載しており、38Mバイトのメモリに音楽や画像を保存できる。また、Memory Stick Duoのスロットも用意されている。W800は今年夏に出荷予定で、MP3とAACフォーマットの音楽ファイルを再生可能。価格は未定だが、広報担当者はミッドレンジに分類されると述べている(ハイエンド端末の価格は450ドル以上)

 Motorolaは、最新の3G端末「Motorola V1150」を展示していた。薄型ボディを持つ同機種には、2メガピクセルのカメラが内蔵され、双方向のテレビ通話が可能。また、Screen3という同社のコンテンツ表示技術も搭載されており、ニュースやエンターテインメント情報が自動的にストリーミング配信される。同社の広報担当によると、V1150は今年後半に出荷予定だという。

 NokiaもCeBitでいくつかの最新機種を展示した。「Nokia 6230i」もその1つで、1.3メガピクセルのカメラと32Mバイトのメモリ、マルチメディアカードスロット、音楽プレイヤーおよびFMラジオ機能を搭載し、Bluetooth無線接続に対応する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社