お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

鉄人28号を我が家にも--自作キットをヴイストンが開発

2005/03/04 11:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロボットの開発・製造を行うヴイストンは、3月3日より二足歩行ロボット「鉄人28号」の注文受付を開始した。同社のホームページで受け付ける。

 鉄人28号は1956年に横山光輝氏が漫画として発表。その後1963年にはテレビアニメ化されて高い人気を誇った。今回のロボットは、2005年3月より上映される映画「鉄人28号」とタイアップを行っているという。

ヴィストンが開発した2足歩行ロボット「鉄人28号」

 大きさはアニメで想定している大きさの50分の1モデルといい、身長38cm、重さ2.5kg。組み立て式になっており、ロボットの構造を学ぶための教材としても利用できるという。

 ロボットの動きを編集できる専用ソフトウエアを同梱しており、独自の動作を簡単にプログラミングすることができる。ガッツポーズやパンチなど、様々な動作が可能だ。また、同社のホームページでもサンプルモーションをダウンロードできるようになっている。

 付属コントローラは12種類の周波数が設定でき、最大12体までコントロールすることが可能だ。

 価格は本体組み立てセットと、専用アクセサリーキット(バッテリー、充電器、専用コントローラ)の合計で35万1750円。注文が200件集まった時点で製造を開始する。初回生産ロットの200体のみシリアルナンバーが入る。4月末頃に生産を開始し、6月頃から順次納品を行っていく予定だ。

ヴイストン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社