お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

セガからもロボット犬登場

2005/01/21 10:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AIBOにライバルが登場した。

 ソニーは1999年にAIBOを誕生させ、ロボット犬の市場を立ち上げた。今回セガトイズが発表したロボット犬は、AIBOと競合する新たなライバルだ。

 同社は19日、最新の発明を東京で披露した。idogというこのロボット犬は作曲や音楽の再生ができ、曲に合わせてダンスもする。

 Japan Todayのニュースサイトによると、4本足のこのロボットには、鼻をはじめ、小さな身体のあちこちに多数のスイッチがあり、これを使って作曲や音楽の再生を行う。ほかにも、このペットがライトを点灯させたり、感情を表現するためのボタンがある。このロボット犬はセンサも内蔵しており、飼い主が抱くと、動きを検知して反応する。また、idogの後ろ足の下にはオーディオ入力もあり、飼い主はApple ComputerのiPodデジタル音楽プレイヤーをはじめ、自分の好きなデバイスを使ってidogをプログラムすることも可能だという。この玩具は4月に出荷が予定されている。しかし、idogの発売地域や価格は明らかにされていない。

 idogには、ソニーの有名なロボット犬に搭載された機能と同じものもいくつかある。10月に発表された最新のAIBOは、デジタル音楽ファイルやCDの曲を再生したり、ダンスもできる。AIBOはMP3、WAV、Windows Mediaファイルに対応し、PCから無線でコントロールできる。また、Microsoft Outlook互換のスケジューリングツールも用意されているため、飼い主に約束の予定を知らせることができ、ビデオを録画する機能まである。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社