お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ジャストシステム、Linux用の一太郎とATOKを発表

2004/09/28 15:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは9月28日、Linux用のワープロ「一太郎 for Linux」と日本語入力システム「ATOK for Linux」のライセンス販売を12月22日に開始すると発表した。また、両製品のパッケージ版は、オンライン販売サイトJust MyShopで2005年1月21日に発売する。

 一太郎 for Linuxは、Windows版一太郎2004をベースに開発したソフトウェア。各種機能をそのまま踏襲しているほか、コマンドやメニューにもWindows版と同様の操作性を実現している。旧バージョンの一太郎やMS-Wordで作成した文書の読み込みが可能なだけでなく、Windows環境で作った文書の互換性を保つために、MS明朝/ゴシックに準拠したリコー製フォントを搭載した。

 ATOK for Linuxは、最新版であるATOK17と同等の変換エンジンと辞書を搭載したLinux用の日本語入力システム。ユーザーインターフェースは、Windows版やMac版と同様のデザインを採用しているため、「使い慣れた日本語入力環境と同じ操作で使用できる」(同社)。Windows版やMac版のユーザー辞書や省入力データが流用可能。

 両製品の対応Linuxディストリビューションは、Red Hat Linux 9、Red Hat Professional Workstation、Red Hat Enterprise Linux WS(Version 3)。なお、今秋発売が予定されているターボリナックスのTurbolinux次期デスクトップ製品に対してATOK for LinuxをOEM提供していくほか、サン・マイクロシステムズのSun Java Desktop SystemやノベルのNovell SUSE LINUXなど、主要Linuxディストリビューションにも順次対応していく。

 各製品の希望小売価格は以下の通り。

  • J-License 一太郎 for Linux:1万6000円/1ライセンス(税別)
  • 一太郎 for Linux:1万1550円(2005年3月31日まで、税込み)、2万1000円(税込み)
  • J-License ATOK for Linux:7000円/1ライセンス(税別)
  • ATOK for Linux:1万290円(税込み)
  • ATOK for Linux(バージョンアップ版):5250円(税込み)

ジャストシステムのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社