お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ニコン、デジカメとPCを無線LAN接続して画像転送する技術を開発

2004/09/13 14:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンは、デジタルカメラ内の画像を無線LAN経由でPCに転送する技術を開発した。同社が9月13日に明らかにしたもの。USB接続用のプロトコルPTPを拡張し、無線LAN接続を可能とするプロトコル、Picture Transfer Protocol over Internet Protocol(PTP/IP)を使う。

 同社は、デジタルカメラD2H用の周辺機器として、すでにIEEE 802.11b対応の画像無線転送装置WT-1を提供している。WT-1を利用すると、ケーブル接続を行わずにPCに画像転送が行える。ただし、プロトコルとしてFTPを採用したため、接続の確立にデジタルカメラや受信側PCの設定作業が必要だった。

 PTP/IPを使う新技術は、同社がアイルランドのFotoNationと共同開発した。USBと同様にデジタルカメラとPCを簡単に接続し、無線LANを介して画像を転送できる。 同社はPTP/IP画像無線転送装置の開発を進めており、近い将来発売する予定。同装置の転送速度はWT-1よりも速く、従来と同じFTP転送も行える。

 さらに、同社はPTP/IP技術をカメラ/映像機器業界の標準規格として普及させるため、カメラ映像機器工業会(CIPA)に働きかける。

ニコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社