お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Opera7.5日本語版の発売が延期に

2004/06/08 16:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラウザソフトウェアOperaデスクトップ版の日本での配布・販売を予定しているライブドアは6月8日、15日からダウンロード提供を開始する予定だった「Opera7.5 for Windows」「Opera 7.5 for Mac OS X」の発売を延期すると発表した。

 Opera7.5では、ドメインを詐称できる脆弱性がショートカットアイコン機能の実装に確認されている。この脆弱性はフィッシング詐欺に利用されるおそれがある。Opera SoftwareはOpera7.51でこの脆弱性に対応しているが、「Opera7.51を日本語化する際に問題が発見されたため、現在その問題に対処したOpera7.52の開発を進めている」(ライブドア)という。新たに日本語版で公開されるのはOpera7.52となる。

 また、デスクトップ版Operaの日本での販売については、従来販売・サポートを行っていたトランスウエアとの間で販売権やサポートの引き継ぎが難航しているが、これについて「現時点で決まっていることはない」(同社)。

 Operaはマルチプラットフォームなブラウザソフトウェアとしても注目を集めているが、ライブドアがOpera7.52で販売・サポートするのはWindowsとMacの2プラットフォーム用のみ。その他のプラットフォームについては、「検討しているが現時点で決まっているものはない」としている。

ライブドアの「発売日延期のお知らせ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社