お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エプソン、40型フルカラー有機ELディスプレイを開発:テレビ市場に参入へ

2004/05/18 14:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンは5月18日、40インチの大型フルカラー有機EL(OLED)ディスプレイを開発したと発表した。40型は世界初。液晶テレビ(LCD)、プラズマテレビ(PDP)に次ぐ新たな薄型テレビとして、2007年の製品化を目指す。

 有機ELディスプレイは、バックライトが不要で薄型軽量化が可能な次世代フラットディスプレイとして注目されている。小型ディスプレイはすでにNTTドコモの携帯電話などに搭載されているものの、製造技術面の問題から大型化は難しいとされていた。

40インチ有機ELテレビの試作機。20インチの基盤を4枚組み合わせている
エプソンはプリンタのインクジェット技術を応用し、大型基盤でも均一に発光材料を塗布することに成功。大型ディスプレイの試作機を完成させた。

 エプソンは、すでに北米で発表しているリアプロジェクション型テレビとともに有機ELディスプレイを新しい薄型テレビとして市場に投入していく。リアプロジェクション型テレビは今月末にも国内で発表すると見られる。40インチ以上の大型テレビはリアプロジェクション型テレビを、40インチ以下の中型は有機ELを提供していく方針だ。

 「エプソンはPCから事業が立ち上がってきた会社だ。したがってAV系のメーカーと直接対抗するのではなく、PC系からのアプローチでテレビ領域に入り込みたい」(セイコーエプソン代表取締役副社長兼CTOの花岡清二氏)。製品化に際しては、エプソンブランドで提供していくほか、外販も行っていくという。

 有機ELの価格面での競争力については、「有機ELとLCDの基盤コストはほぼ同じ。有機ELはLCDのようなバックライトやフィルムが不要なため、十分対抗していける」とセイコーエプソンOLED技術開発本部 本部長の飯野聖一氏は自信を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社