お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、Virtual PC 7 for Macの出荷を今年後半に延期

2004/05/13 09:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、MacintoshでWindows用アプリケーションを利用可能にするソフトの最新バージョン、Virtual PC 7のリリースを今年後半まで延期した。

 同社はこの遅れについて、同ソフトのテストに必要な時間が予想を上回ったためとしている。Microsoftは、昨年Connectix資産の買収に伴いVirtual PC製品を手に入れた。同社が初めて開発にかかわるバージョンとなるVirtual PC 7の発売は、当初予定されていた今年前半ではなく後半に変更される、と同社は話している。

 Microsoftのプロダクトマネジャー、Jessica Sommerは声明の中で、「当初は、われわれがOfficeを開発した経験に基づいて開発やテストスケジュールを見積もっていた。だが、Virtual PC 7では開発やテスト、バグ修正のサイクルがOfficeよりも長く、またこれまでの各バージョンのVirtual PCより徹底したテストが行われている。そこで、現実的なスケジュールに合うようリリースのタイミングを調整した」と述べている。

 この決定により、Virtual PC 7が同梱されるOffice 2004 for the MacのProfessional Editionは出荷が延期されることになる。このほかのバージョンのOffice 2004は発売の準備が進んでおり、今月後半には一斉に発売される予定。

 Microsoftでは、今回の延期には先に発表されたWindows XP Service Pack 2の延期も影響した、と話している。Virtual PCの一部のバージョンにはWindows XPが同梱されるが、同社では7月以降に登場するアップデートされたバージョンのほうをパッケージに含めたいと考えているという。

 Virtual PCのこれまでのバージョンはPower Mac G5と互換性がなかったことから、新バージョンはこのマシンのユーザーにとっては特に重要だ。Microsoftは昨年8月、Virtual PCの次回のフルバージョンアップ時にG5のサポートを行うと述べていた。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社