お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:ホームネットワークを備えたマンションのお値段は?

2004/04/14 20:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住友不動産は4月14日、東京港区港南地区に建設中の高層分譲マンション「WORLD CITY TOWERS」のモデルルームを報道陣向けに公開した。同マンションは携帯電話やPCから家庭内の冷暖房器具を遠隔操作できる東京ガスのサービス「Remote+(リモートプラス、旧称:ホッとねっとサービス)」を国内の一般分譲マンションで初めて採用する予定で、2005年12月の完成を目指している。

 Remote+は家の風呂や浴室乾燥機、床暖房、エアコンなどの電源のオン・オフができるサービス。ガスの消し忘れの確認を行うこともでき、異常を検知した場合には東京ガスに通報する機能も備える。これにより、帰宅時間に合わせて部屋を暖めたり、ガスを消し忘れた際に遠隔遮断を行ったりすることができる。

  WORLD CITY TOWERSは「都心にしてリゾート」を開発コンセプトとしたマンションで、都心で働く30〜40歳代をターゲットとしている。40〜42階建ての3棟からなり、ワンルームから4LDKまでを揃える。

 住友不動産 取締役専務執行役員 都市開発事業本部長の松井久生氏によると、30〜40歳代のファミリー層が都心に住みたがる傾向があるという。「楽天やヤフーなどインターネット関連企業に勤める人たちは、通勤時間を30分程度に抑えるために都心に住む傾向が強い」(松井氏)。同社の展示パビリオンに訪れる人たちも30〜40歳代が50%を超え、年収1000万前後の共働き夫婦が多いという。

 WORLD CITY TOWERSはそのほか、リゾートをイメージした専用のチャータークルーズ用桟橋を設置。トレーニングジムやプール、スカイラウンジなどを備えている。各家庭には光ファイバーが引かれ、スカイパーフェクト・コミュニケーションズの子会社であるオプティキャストが提供する光ファイバーを使ったテレビサービス「オプキャス」も利用できる。共用施設の鍵にはソニーの非接触IC技術、Felicaが採用された。

 分譲価格は未定だが、1坪(約3.3m2)あたり200〜250万円程度という。「低階層なら4LDKでも6000万円台からある」(松井氏)。5月8日から販売を開始し、2年内の完売を目指すとしている。

----

WORLD CITY TOWERS 42階建てのアクアタワーが2005年に完成する予定だ

----

Remote+(旧称:ホッとねっとサービス) 携帯電話から給湯設備などの操作ができる

----

モデルルームの様子 「都心にしてリゾート」をテーマに高級感を演出している

----

メゾネットタイプの部屋 床から天井までの壁一面をガラス張りにした。高層階では迫力ある眺望が楽しめるという

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社