お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:エプソンが開発した「世界初」のレンジファインダーデジカメとは

2004/03/11 17:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンは3月11日、レンジファインダー(二重像合致式距離計連動ファインダー)を採用したデジタルカメラ「Epson Rangefinder Digital Camera R-D1」を発表した。レンジファインダー式のデジカメは「世界初」(同社)という。巻き上げレバーや針式インジゲータなどを採用し、アナログカメラの使い勝手を再現している。7月頃の発売を予定しており、市場想定価格は30万円弱という。(詳細は関連記事を参照)


Epson Rangefinder Digital Camera R-D1 光学メーカーのコシナと技術協力を行い、2年の開発期間を経て完成させた

上面 レバーを巻くことでシャッターを押せるようにし、銀塩カメラ撮影時のリズム感を再現した。針式インジゲータには腕時計のクロノグラフの技術を採用。画像品質/ホワイトバランス/撮影残数/電池残量を表示する

背面 2.0型のTFTカラー液晶を搭載。液晶モニタを回転させ、画面を傷つけないようにしまうことができる(写真はモニタを収納した状態)

側面 大きさは幅14.2cm、高さ8.85cm、奥行き3.95cm、重さは590g(いずれも本体のみ)。記録メディアにはSDカードを採用している

等倍ファインダー デジカメで初めて等倍率ファインダーを搭載。両眼で見たときに、ファインダーを通して見た像と裸眼で見た像がまったく同じ見え方になる

APS-CサイズCCDセンサ 有効画素数は610万となっている

ボディ部品 アルミダイキャスト製のボディで、堅牢性を実現した。ただしLCDカバーには軽量なマグネシウム合金を採用している

対応レンズ ライカのL/Mマウントに対応し、銀塩カメラで使われるライカレンズがそのまま利用できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社