お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

コニカミノルタ、高耐久性の現場用デジタルカメラの新版

2004/03/05 15:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コニカミノルタカメラは3月5日、土木および建築工事現場などでの使用を想定した記録用デジタルカメラの新機種「DIGITAL現場監督 DG-4W」を発表した。有効画素数は324万画素。

 従来のDIGITAL現場監督シリーズ同様、水洗い可能な防水/防塵ボディで、本体を強力に保護する硬質ゴムと強化ガラスを用いる。

DIGITAL現場監督 DG-4W

 広角28mmからの光学3倍ズームを搭載し、後ろに下がれないような狭い場所や大きな建造物の撮影に対応する。また、最短1cmまで近づけるマクロ撮影機能で、小さな部品の撮影にも役立つ。3.4倍までのデジタルズームを装備し、光学ズームと合わせて最大10.2倍の撮影が可能。

 国土交通省デジタル写真管理情報基準(案)である建設CALSをサポートする。「提出」モードにより、簡単な操作で提出基準に準拠した画像撮影が可能。また、直射日光のもとでもモニターの視認性を向上する機構や、暗い場所での撮影を容易にするモード設定などを備える。

 専用リチウムイオンバッテリー(オプション)、単3形乾電池、AC電源の3種類の電源を利用できる。内蔵メモリ容量は8Mバイト。音声記録も可能で、128MバイトのSDメモリカードなら約167分録音できる。

 DG-4Wは3月19日に発売を開始する。当初の月産台数は1500台を見込む。

コニカミノルタのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社