お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

台湾エイサー:「タブレットPC用OSは高すぎる」

2003/10/24 20:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米MicrosoftのタブレットPC用OS発売一周年を記念するイベントで、台湾のPCメーカーAcerの上級幹部が、米Microsoftに一撃を与える発言を行った。

 AcerのプレジデントWang Chen-tangは、Windows XP for Tablet PC Editionに関して、Microsoftは高い値段を付けすぎで、販売不振の原因もそこにあると述べた。

 「Microsoftは、タブレットPCの販売促進のために、ベンダーにもっと協力すべきだ」(Wang)

 MicrosoftのタブレットPC用OSの発表に合わせて、米Hewlett-Packard(HP)やAcer、東芝などのメーカーからタブレットPCが発売されたのは2002年11月のこと。そして、2002年第4四半期には、世界で7万2000台近いTable PCが販売された。

 しかし、その後の販売台数は減り続けてきている。Acerは、タブレットPCの販売をノート型PC全体の20%にまで引き上げるという目標を達成できなかった。HPと米ViewSonicも販売不調を明らかにしている。製品の発表を数ヶ月遅らせている企業もあり、HPや東芝に至っては第2世代のモデル投入にほぼ1年近くもかかっている。

 「通常のノートブックとの価格差が非常に大きい。それが、タブレットPCに対して市場の反応が厳しい理由だ」と、台湾の市場調査会社Market Intelligence Center(MIC)のアナリストZhou Shih-hsiungは言う。

 Acerはこの1年でタブレットPCを10万台販売したが、これはノートブック販売全体の5%に過ぎない。

 「タブレットPCは、比較の対象となるノート型PCより200ドル高い。そのうち、ハードウェア部分の差は30ドルから60ドルだけで、価格差の大半はOSライセンス料からきている」とWang。「ライセンス料については、Microsoftと何度も交渉してみたが、結局無駄だった。非常に残念だ」(Wang)

 一方、Microsoftの台湾担当ジェネラルマネージャー、Eunice Chiuは、同OSの価格は、同社が顧客に提供するペンコンピューティング技術の価値に見合っていると主張している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社