お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米アップル、第4四半期決算はiPodなどが牽引し増収増益

2003/10/16 22:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Apple Computerの第4四半期の業績は、前年以上の増収に支えられて、予想をわずかに上回った。

 9月27日までの3カ月間におけるAppleの売上高は17億ドル、純利益は4400万ドル(1株当たり12セント)だった。前年同期の売上高は14億ドル、純損失は4500万ドル(1株当たり13セント)だった。

 今期の業績について、Appleの最高財務責任者(CFO)であるFred Andersonは、売上高がおよそ19億ドルに増加、純利益も引き続き漸増するものと予想している。

 今年度の第4四半期、Appleでは前年同期比7%増の78万7000台のMacintosh製品を販売、うちiPodは昨年までの累計販売数量の140%増にあたる33万6000台を出荷したと話している。

 Appleの発表では、iMacの売上高は2億7900万ドルで前期比7%減、前年同期比で25%減少。iBookの売上高は1億5400万ドルで前期比21%減、前年同期比で34%ダウンした。一方、Power Macの売上高はPower Mac G5の発表に合わせて上昇、4億1900万ドルに上り、前期比79%増、今年度前半に比べて21%アップした。Power Bookの売上高は3億4800万ドルで、前期比4%減ながらも前年同期比では145%の上昇になった。

iPodは、前期比128%増、前年同期比9%増となる1億2100万ドルの売上をあげた。周辺機器や他のハードウェアの売上高は合計で2億1700万ドル、ソフトウェアその他は1億7700万ドルの売上高だった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社