お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本IBM、HDDを衝撃から保護する新機構採用のノートPCなど、9機種82モデルを発表

2003/10/08 15:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは10月8日、物理的な衝撃からハードディスク装置(HDD)を守る機構「IBMハードディスク・アクティブプロテクション・システム」搭載ノートパソコンを含む6機種53モデルの販売を、10月15日より順次開始すると発表した。また同社は、現行モデルに対しプロセッサなどの機能強化を施した新型デスクトップパソコン2機種28モデルと、カスタマイズ専用デスクトップパソコン1機種1モデルの販売も始める。

 ハードディスク・アクティブプロテクション・システムは、ThinkPad R50とThinkPad T41に採用した「業界初かつ当社独自の機構」(同社)。パソコンのメイン基板上に実装した加速度センサーでパソコン本体が落下するのを察知すると、読み書き中のHDDのヘッドを退避エリアに避難させ、ディスクの損傷やデータ損失の危険性を低減するという。

 さらにThinkPad R50およびThinkPad T41は内蔵式HDDショック・アブソーバーを備えており、HDDに対する物理的な衝撃を和らげてデータを保護する仕組みも用意している。

 同日同社が発表した新モデルは以下のとおり。日付は出荷開始日。

【ノートパソコン】

  • ThinkPad R50:3モデル。21万9000円より。10月24日
  • ThinkPad R40:3モデル。18万9000円より。10月15日
  • ThinkPad R40e:11モデル。9万9800円より。10月15日
  • ThinkPad T41:13モデル。21万9000円より。10月15日
  • ThinkPad X31:6モデル。24万4000円より。10月15日
  • ThinkPad G40:17モデル。12万9000円より。10月15日

【デスクトップパソコン】

  • ThinkCentre S50:Celeron搭載機(2モデル)。Pentium 4搭載機(11モデル)。12万4000円より。10月15日
  • ThinkCentre A50:Celeron搭載機(7モデル)。Pentium 4搭載機(8モデル)。6万9800円より。10月15日
  • ThinkCentre A50p:カスタマイズ専用(1モデル)。9万9800円より。10月17日

日本IBMのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社