お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ゼンテックとオリックス、デジタル家電分野での企業買収、資本参加で提携

2003/09/30 10:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンテック・テクノロジー・ジャパン(大谷省三社長)とオリックス(藤木保彦社長)は9月26日、ゼンテックの主力事業であるデジタル家電分野での企業買収、資本参加を共同で推進することで合意したと発表した。

 今後両社は、ゼンテックのもつ技術力とオリックスのもつ資金力を組み合わせ、有望なデジタル家電技術をもつ国内外企業の買収、資本参加を積極的に進めていく。

 ゼンテックは、デジタルTV、STBに必要不可欠なさまざまなデジタルTV放送標準規格に対応したソフトウェアを開発し、デジタルTVメーカーや有力半導体メーカーにライセンス提供している。デジタルTV向け包括的ソリューションの一括提供へのニーズが高まってきたことから、他社の技術も積極的に取得するため、戦略的買収を推進。ジークスおよびメガソリューションの2社を買収している。

 一方、オリックスは、投資銀行業務の一環であるプリンシパル・インベストメントの重点分野として、デジタル家電を中心としたIT企業投資に注力、ゼンテックをパートナーとした投資活動を積極的に行っている。すでに、ソーマネットワークス社にはゼンテックと共同で出資している。

 今回の戦略的提携で、両社はさらに積極的に企業買収、資本参加を共同で推進する方針で、国内外の上場・非上場企業をターゲットとした買収や資本参加を行っていく予定。

 なお、オリックスはゼンテックの法人筆頭株主であり、今回の戦略提携を機にゼンテックの私募転換社債(額面5億円、期間4年)を全額引き受け、資本面でのバックアップをさらに強化する。

オリックス
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社