お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Pocket PC機は退屈」:米パームソースCEO

2003/09/12 21:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Palmのソフトウェア部門、PalmSourceのトップが、米MicrosoftのPocket PC OSを搭載した携帯機器を「退屈なもの」と呼んだ。

 Microsoftのつくったリファレンスモデルは強制力が強すぎると、PalmSourceの最高経営責任者(CEO)David Nagelは述べた。

 「Pocket PCの市場は、革新的なものがあまり出て来ないという意味で、とても味気ないと思う。Microsoftは、おそらく外観を別にすれば、どのハードウェアメーカーにも、全く同じものをつくることを求めている」(Nagel)

 一方、Nagelは、ゲーム機器会社TapWaveや時計メーカFossilを、Palm OSに新たな方向性を与える企業の例として挙げている。

 「TapWaveの調査によると、ここ10年くらいの間に、任天堂のゲームボーイのようなゲームで遊びながら成長してきた子供たちが成人し、収入が増え、パフォーマンスの高いゲーム機器を探しているといったケースがたくさんある」と述べた。

 Nagelは10日(米国時間)、Palm OS 5の中国語バージョンを発表のために訪れた北京で、CNETAsiaのインタビューに答えた。同OSは、Palmで初めての中国語をサポートする製品だ。

 今回の発表は、ライバルのPocket PCが中国本土で使われている簡体字をサポートするOSを出してから、1年遅れとなる。だが、Nagelは出足の遅れをあまり心配していない。

 「我々は、世界の他の地域では、Microsoftと充分に渡り合ってきているし、また中国市場もそうなると見ている。Palm OSの米国市場でのシェアは75〜80%といったところだ。Microsoftは、我々とは桁違いの資金を広告に投じているが、それでも、その程度のシェアしかとれていない」(Nagel)

 中国語をサポートするバージョンの発売が遅れたのは、中国市場で求められるさまざまな表示モードを動かすソフトウェアが必要だったからだとNagelは説明した。中国語の文字を読み取れるように表示するには、西洋の文字と比べて高い解像度が必要になるが、解像度を高くしすぎるとコストが非常に高くなってしまうという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社