お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

三洋電機の03年4〜6月期連結決算、携帯電話・デジタルカメラなどの営業利益が62%増

2003/08/01 16:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は7月31日、2004年度第1四半期(2003年4月1日〜6月31日)の連結決算を発表した。売上高は5856億100万円で、前年同期の5076億1300万円から15.4%の増収となった。営業利益は163億3700万円で同149億2600万円から9.5%増、純利益は36億3700万円で同35億9100万円から1.3%増となった。

 部門別の営業利益は、A V ・情報通信機器部門が、携帯電話機、デジタルカメラ、光ピックアップなどの増収が起因して、94億5400万円となり前年同期の58億3500万円から62%増。電池部門はリチウムイオン電池が伸長し、68億4400万円と前年同期の61億1800万円から11.9%増。電子デバイスでは液晶が減少したものの、半導体、電子部品などが増加した結果、29億7500万円と前年同期の28億6900万円から3.7%増となった。

 一方産業機器はチップマウンター事業の売却の影響とともに、ショーケースなどが減少し、7億9300万円と前年同期の9億5100万円から16.6%減になった。電化機器に関しては、売上高を伸ばしたものの前年に引き続いて損失を計上、27億3000万円と前年同期の16億7000万円から損失がさらに10億6000万円拡大した。

三洋電機のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社