お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTエレクトロニクス、パソコン向けのHDTV MPEG-2ソフトデコーダを発売

2003/07/17 17:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTエレクトロニクスは7月16日、HDTV対応MPEG-2データをパソコン上でリアルタイムにデコード/再生可能なソフトウェアデコーダHD.Viewerを、7月23日より販売すると発表した。HDTVのMPEG-2映像をリアルタイムに復元/再生できるソフトウェアデコーダは、「同製品が世界で初めて」(同社)という。

 本HD.Viewerをパソコンにインストールすると、送信側HDTVエンコーダからIPネットワーク経由で伝送されるHDTV用MPEG-2 IPストリームを直接受信し、リアルタイムでパソコンの画面上に復元/再生できる。「これまでHDTV映像を見るには、高価な専用ハードウェアが必要だった。HD.Viewerを使用するとパソコンだけで再生できるので、安価に高精細映像を楽しめる」(同社)

 HD.Viewerの主な仕様は以下の通り。

  • 映像復号方式:MPEG-2 Video
  • 映像フォーマット:1080i(1920×1080ピクセル)
  • 映像プロファイル/レベル:MP@HL
  • 音声復号方式:MPEG-1 Audio LayerII
  • 音声サンプリング周波数:48kHz
  • 入力ストリーム形式:TS
  • 入力レート:15Mbps〜30Mbps
  • 多重分離方式:MPEG-2 System
  • 多重度:映像1系統、ステレオ音声1系統
  • 通信プロトコル:RTP/UDP/IP
  • 映像受信方式:ユニキャスト/マルチキャスト
  • 対応OS:Windows 2000/XP
  • プロセッサ:Pentiuam4(2.6GHz)相当以上
  • ハードディスク容量:50Mバイト以上

 なお同デコーダは、当面同社のHDTVエンコーダ(HE1000/HE1100)、IPインターフェース装置NA3000とセット販売する。ただしこれらをすでに所有している顧客は、HD.Viewer単体を5万円で購入できる。

NTTエレクトロニクスのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社