お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米パームが予想を上回るQ4決算:「全般的に好調」

2003/06/25 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンドヘルドメーカーの米Palmは米国時間24日、5月31日までの3ヵ月間にあたる第4会計四半期の決算を発表し、予想を上回る売上を計上した。赤字幅も、アナリストの予想よりも小さかった。

 同社の第4会計四半期の売上は2億2580万ドルで、1500万ドル(1株あたり51セント)の赤字となった。前年同期の売上は2億3330万ドル、赤字幅は2750万ドル(1株あたり95セント)だった。

 Palmは、諸経費を除いた第4会計四半期の赤字額を890万ドル(1株あたり30セント)と計上している。

 業績調査会社のFirst Callによると、アナリストらは、売上1億8770万ドルで、1株あたり93セントの赤字を予想していたという。

 Palmの最高経営責任者(CEO)Eric Benhamouは、Palmはほぼ全般的に「好調な勢い」に包まれて会計年度を終了した、と声明で述べている。

 「経済状況は依然困難な状態が続いているが、株式価値を高めるチャンスはよくなったと考えている」(Benhamou)

 Palmはライバルの米Handspringを買収中で、買収完了前に同社のオペレーティングシステム(OS)部門PalmSourceを分離独立させる予定だ。一方米MicrosoftはPalmの決算発表と時を同じくして、Palmの競合ハンドヘルドOSの新バージョン、Windows Mobile 2003 for Pocket PCを発売した。

 Palmによると、同社の第4会計四半期のPalmハンドヘルド出荷台数は、約93万1000台だったという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社