お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ACCESS、任天堂のゲームキューブに通信ミドルウェアを提供

2003/06/13 17:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACCESSは6月13日、任天堂の販売するゲーム機器、「ニンテンドーゲームキューブ」用通信ミドルウェアに関して、任天堂と世界規模の契約を締結したと発表した。

 ACCESSのTCP/IPプロトコルスタック「AVE-TCP」をベースに開発したソフトウェアを「AVE-TCP for NINTENDO GAMECUBE」の名称で任天堂を通じて提供していく。

 同ソフトウェアを利用するゲームタイトルとしては、コナミの野球ゲーム「実況パワフルプロ野球10」と、セガのオンラインRPG「ファンタシースターオンライン エピソード3 カードレボリューション」が発売される予定。前者は7月、後者は今秋の販売開始が予定されている。

 ちなみに、ゲームキューブ向けのオンライン対応ゲームが最初に発売されたのは2002年9月。セガの「ファンタシースターオンライン エピソード1&2」だった。

ACCESSのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社