お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米マイクロソフト、Pocket PC新バージョンを6月23日発売

2003/06/12 11:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは今月23日に、ハンドヘルド用オペレーティングシステム(OS)の次バージョンをリリースする。同時に、ハードウェア提携企業各社も、新OSを搭載した機器を発売する。

 Microsoftに近い情報筋によると、同社は6月23日に、Pocket PC 2003(コード名Ozone)を新発売する。この新バージョンは、現行のPocket PC 2002からの大規模な改訂ではないものの、Wi-FiやBluetoothなどのワイヤレス技術のビルトインサポートなどの新機能を含んでいる。

 Hewlett-PackardとGatewayは、Pocket PC 2003を搭載した新製品を発表する見込みだ。ハンドヘルド市場への新規参入となるGatewayは、Pocket PC 2003を搭載したミッドレンジのハンドヘルド機器を、6月23日に発売すると認めている。

 一方HPは、最近米連邦通信委員会(FCC)に認可されたiPaqハンドヘルドの新モデル数種を、今月発売する見込みで、そのOSはPocket PC 2003となる可能性が高い、とHPに近い筋は話している。新iPaq h1930とiPaq h1940の2モデルは、Bluetoothチップ内蔵で、ローエンドの1900シリーズに追加される。Intelのハンドヘルド用XScale PXA255プロセッサとBluetoothチップを内蔵したiPaq h2200も、FCCの認可を受けている。また、HPはiPaq h5500シリーズでも、Bluetooth内蔵のハイエンドモデル2機種を発表するという。

 Microsoftは最近、Dell Computerなどの大手メーカーとハードウェア提携を結ぶなど、ハンドヘルドOS市場でシェアを伸ばし続けている。現在、ハンドヘルド機器にPocket PCのさまざまバージョンを採用しているメーカーは、合わせて30社以上。ただし、ハンドヘルドOS市場シェア首位はPalmで、Microsoftは依然第2位である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社