お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シャープ、Centrino対応タブレットPCを発表

2003/06/06 17:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、インテルCentrinoモバイル・テクノロジ対応の新型タブレットPC、Mebius MURAMASA(型名:PC-TN1-H1W)を8月1日に発売すると発表した。キーボードを備えており通常のノートパソコンと同様の使い方ができるほか、画面を回転させて使うことで、「タブレットPCとしての使いやすさを確保している」(シャープ)。

 動作周波数1.1GHzの低電圧版インテルPentium Mプロセッサを搭載し、ハードディスクの記憶容量は約30Gバイト。IEEE802.11b準拠の無線LAN機能を内蔵する。指紋センサーを備え、第三者の不正使用や重要データの流出を防ぐことができるという。初期導入OSはMicrosoft Windows XP Tablet PC Edition。価格はオープンとする。

 そのほかの主な仕様は以下の通り。

  • 画面:12.1型広視野角TFT液晶、XGA(1024×768ピクセル)表示が可能
  • メモリ:256Mバイト(最大768Mバイト/DDR SDRAM PC2100対応)
  • 各種ドライブ:光ドライブ(別売外付)、3.5型フロッピー(内蔵)
  • モデム:56kbps(日本国内仕様)
  • LANインターフェース:100BASE-TX/10BASE-T(RJ45コネクター)
  • カードスロット:PCカード TypeII×1
  • サウンド機能:サウンドシステム内蔵(AC '97準拠、3Dサウンド対応)、スピーカー(モノラル)内蔵
  • インターフェース:ディスプレイ×1(アナログRGB、ミニD-sub15ピン)、USB×2(USB2.0対応)、IEEE1394×1(4ピン)、ヘッドホン/オーディオ出力×1(ステレオ)、マイクロホン入力×1(モノラル)
  • バッテリー駆動時間:約5.0時間(JEITA測定法1.0による)
  • 外形寸法(突起部除く):幅290mm×奥行229.4mm(最小)〜256.7mm(最大)×高さ28.8mm
  • 質量:約1.9kg
シャープのプレスリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社