お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本HP、世界最小のPocket PC、iPAQ h1900を発売

2003/06/02 17:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は6月2日、新型PDA、HP iPAQ Pocket PC(アイパック・ポケット・ピーシー)h1900シリーズの1モデルを発表した。同社のオンラインストアhp directplus、hp directplusコールセンター、hp directpartnerで同日より販売を始める。価格は2万4800円。

 同社によると、h1900シリーズの特徴は「Pocket PCとしては世界最小(70×13×113mm)、重さ120gと超軽量で、胸ポケットに入るほどのコンパクトさ」という。動作周波数200MHzのインテルPXA255アプリケーションプロセッサを搭載し、3.5インチ半透過型TFTカラー液晶画面、64MバイトのSDRAMを備える。

 OSは、Microsoft Pocket PC 2002 Software。Microsoft Officeなどのアプリケーションデータの更新/共有が可能。パソコン内のスケジュール、住所録、電子メールのデータをiPAQに保存し、外出先で閲覧や更新が行える。

 Windows Media Playerを標準搭載し、MP3、WAVE形式などで保存した音楽データを再生できるので、携帯音楽プレーヤーとして利用できる。録音機能も備えており、ICレコーダーにもなる。

 そのほかの主な仕様は以下の通り。

  • 画面:3.5インチ半透過型カラー液晶、6万5536色表示可能
  • メモリ:64MバイトSDRAM、16MバイトNAND型フラッシュROM
  • メモリカードスロット:SD/MMC
  • バッテリー:リチウムイオン(着脱可能)、約8時間駆動可能
  • 付属品:2.5mmステレオイヤホン、ACアダプタ、同期用USBケーブル

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社