お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Flashがオフラインで利用可能に

2003/03/28 11:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Macromediaは米国時間3月27日、サンフランシスコで開催中の開発者向け会議FlashForwardにおいて、オフラインでFlashアニメーションが再生可能なMacromedia Centralを発表した。これまで、インターネットに接続したウェブブラウザのみで再生可能だったFlashアプリケーションが、オフラインで、ウェブブラウザを使わない環境で利用できるようになる。

 Macromedia Centralの開発者向けツールは今年4月に発表されるが、ユーザーがCentralソフトウェアをダウンロードできるのは夏ごろになる予定。

 Macromediaは昨年、ウェブ構築においてFlashの導入を促進するため、大々的なキャンペーンを行った。「Flashは、ウェブアプリケーションの設計やユーザーインタフェースを構築する上で多彩な機能を提供するプラットフォーム」と宣伝したのだ。その結果、Flashを利用したサイトが大幅に増えることとなったが、Flashが使えるのはあくまでウェブブラウザのみであった。

 Macromediaのソフトウェア主任設計者、Kevin Lynchは、「Flashは、とりわけオフライン環境でウェブ情報を保存/再利用する場合に制約が多い」と語る。「これまでは、完全なオンラインの状態でFlashを利用するか、あるいはオフライン状態のためデータにアクセスできない、の2つしかなかった」(同氏)

 Macromedia Centralでは、ブラウザから独立したFlashアプリケーション実行環境を構築できる。無償配布のFlashプレーヤーにクライアントソフトウェアを追加するのに伴い、Macromediaはサードパーティが開発した、ダウンロード可能なFlashアプリケーションを多数販売する予定だ。これらのソフトウェアは売上の20%がMacromediaに、残りの80%が開発メーカーに渡ることになる。企業のポータルや、オフラインでの使用が多いノートパソコンなどでMacromedia Centralの普及が見込まれる。

 Macromedia Centralを利用したオフライン向けFlashアプリケーションの開発は、オンラインのFlashで利用していたものと同じFlashツールで行える。「(同じFlashツールが利用できることで)導入する敷居も低くなる。我々は、Flashプレーヤーと開発者がすでに修得しているスキルを生かす。そうすることで、デスクトップとブラウザ間における開発ギャップを埋める。ユーザーは小さいながらも素晴らしいアプリケーション群に出会えることだろう」(Lynch)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社