お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

とうとう引退、米アップルの旧型iMac

2003/03/19 17:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Apple Computerは旧型iMacの一般販売を中止した。iMacの誕生は5年前の1998年。当時瀕死の経営状態にあったAppleに健全な財政と利益をもたらし、その後もユニークなデザインで、常に同社のトレードマークとなった製品だ。

 iMacの初代モデルは15インチCRTモニターとの一体型だった。販売価格は1299ドルで、その後799ドルまで値を下げた。iMacは、当初グレープやライムなどのキャンディーカラーで名を馳せた後、サイケデリック調のブルーダルメシアンやフラワーパワーが登場し、晩年期はグラファイトやスノーホワイトといった微妙な色使いに落ち着いた。機能面ではFireWireやCD記録、DVDプレーヤーなどが追加されていった。

 2002年1月にフラットパネル型iMacがリリースされ、続いて教育用途のeMacが登場した後も、旧型iMacは販売されていたが、米国時間3月18日にとうとう同社オンラインストアから姿を消した。なお、教育関係者向けのオンラインストアでは引き続き販売されている。

 米IDCアナリストのRoger Kayは、iMacがAppleの救世主であり続けたという点を評価している。「空前のヒット商品だったと言ってもいい。iMacがなかったら、Appleのシェアは急降下していただろう」(Kay)

 旧型iMacの引退により、大部分の顧客にとってAppleの最安値コンピュータは999ドルのeMacとなる。eMacは当初のiMacと同様の設計を受け継いでいるが、モニターは17インチを搭載している。Kayの考えでは、Appleはこれより安いモデルを販売する必要はない。「採算の取れる価格で、十分な価値があると認められる製品を提供すればよいのだ」(Kay)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社