お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

1月の電子機器国内出荷実績、7カ月連続増

2003/02/27 14:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子情報技術産業協会(JEITA)は2月27日、2003年1月の民生用電子機器国内出荷実績を発表した。1月の出荷金額は前年同月比0.9%増加の1180億円となり、7カ月連続のプラスとなった。

 分野別では、民生機器の半分強を占める映像機器の出荷金額が同0.8%増の658億円となった。PDP、液晶カラーテレビ、DVDは伸び率が低下したものの、好調に推移した。また、BSデジタル関連機器も引き続き増大し、1月までの累計普及台数は185万4000台となった。

 一方、音声機器の出荷金額は同18.9%減の168億円と厳しい状態が続いている。背景にはMD関連機器の需要一巡やCDラジカセの低迷など、市場をけん引する商品の不在がある。カーAVC機器の出荷金額は、カーナビゲーションシステム、カーカラーテレビ、カーCDプレーヤの好調がけん引役となり、同14.5%増の353億円となった。

JEITA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社