お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

著名人のヌード写真流出事件、容疑者が罪を認める

2016/03/17 11:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米司法省は米国時間3月15日、著名人の「iCloud」およびGoogleのアカウントから写真が盗まれた2014年のハッキング事件で、Ryan Collins容疑者(36)が罪を認めることに同意したと明らかにした。

 「(Collins容疑者は)本日、フィッシング攻撃に関連したコンピュータハッキング事件を起こした罪で起訴された。同容疑者はこのフィッシング攻撃によって、ロサンゼルスのエンターテインメント業界に属する人々など100名以上のiCloudアカウントとGoogleアカウントに不正アクセスした」と、司法省は発表で述べた。この事件では、Jennifer Lawrenceさん、Kirsten Dunstさん、Kaley Cuocoさん、Kate Uptonさんら女優やモデルが、盗まれた写真が本物であることを認めている。

 盗まれた写真は、「Reddit」や「4chan」などのウェブフォーラムに流出して広まったが、Collins容疑者は盗んだ写真を流出させた罪には問われていない。「捜査当局は、Collins容疑者が写真の流出に関わった証拠や、入手した情報を共有またはアップロードした証拠は発見していない」と司法省は発表に記している。

 ペンシルバニア州ランカスターに住むCollins容疑者は2つの手法を使って女性著名人のアカウントにアクセスしていた。その1つはAppleやGoogleの担当者が作成したように見せかけたメールを送信する方法、もう1つはパスワードを推測する方法だった。同容疑者は最長5年の禁錮刑と25万ドルの罰金刑に問われているほか、被害者に賠償金の支払いを迫られる可能性がある。


Jennifer Lawrenceさん
提供:Mike Nelson/EPA/Corbis

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社