お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップルなど技術大手のトップ、極秘会合に参加--話題はD・トランプ氏か

2016/03/09 08:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中の億万長者、政治家、技術業界リーダーらが集まると、互いにどのような会話を交わすのだろうか。どうやら話題は、われわれ一般人と変わらないらしい。つまり今なら、米大統領選で共和党候補指名を目指すDonald Trump氏についてだ。

 Huffington Postによると、先週末に極秘で開催されたWorld Forumには、Apple最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏、Google共同創設者のLarry Page氏、Tesla MotorsのCEOであるElon Musk氏などが参加したという。ジョージア州シーアイランドにある高級リゾートで開催の年次会合には、多数の著名人ゲストに交じって技術業界リーダーらの姿があった。

 新保守主義のシンクタンクであるAmerican Enterprise Institute(AEI)が開催するこのフォーラムは、内容が明かされないことでよく知られている。しかし、このフォーラムに参加したThe Weekly Standard編集者のBill Kristol氏がその場の様子を一部明かしている。同氏は、Huffington Postが入手した電子メールの中で、Trump氏の影が「亡霊のように(中略)World Forumにただよっていた」と記した。

 暗号化をめぐるAppleとFBIの対立をきっかけに、技術業界と米政府の間の緊迫感が高まる中、今回の会合は開催された。しかし、既に政治的議論を独占しているTrump氏がWorld Forumにおける最大の関心事だったことは驚きではない。ここで、Trump氏はこのフォーラムに招待されていなかったことを指摘しておかなければならない。つまり、同氏に関しては、対立関係にある人々の間でも意見が一致しているようだ。

 Kristol氏は、その場をただよっていたTrump氏の存在感について、「同氏の出現に対する強い不満、同氏が非常に優勢である理由に関する多数の意見交換(中には洞察力と思慮に富んだものもあった)、同氏が負けることを望む多くの声があった」と述べた。

 FBIとAppleの対立も、World Forumにおいて話題に上った。Huffington Postの情報筋らによると、暗号化をめぐる議論で、アーカンソー州のTom Cotton上院議員によってCook氏が苦しめられていたという。Cotton上院議員はこの数カ月間、Cook氏を公に批判していたが、今回2人が直接顔を合わせた場での態度は「あまりに辛辣すぎる」として非難された。「敵意むき出しのCotton上院議員に、誰もが少し気まずく感じた」とある情報筋は述べたという。

歓迎されていない場所でさえ話題の中心となるDonald Trump氏
Donald Trump氏は、歓迎されていない場所でさえ、話題の中心だ。
提供:Porter Gifford/Corbis

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社