お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

[ブックレビュー]読書のプロが教える“積ん読”解消法--「遅読家のための読書術」

2016/03/12 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンド社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 208ページ / ダイヤモンド社 / 価格:1512円 / 著者:印南 敦史 / 発売日:2016/02/26 / 外形寸法 (H×W×D):19.0cm×13.0cm×1.6cm / 重量:0.2 kg
内容:本を読むのが苦手、読むのは好きだけれど最近時間が取れない――と感じている人に向けた読書法。読み方からメモの取り方、読む時間や選ぶ場所まで、読書に関するあれこれを身につけることで、読書の仕方が大きく変えられるという。
Amazon.co.jpアソシエイト

 「本を読むのが苦手」あるいは「昔ほど読めなくなった」と思っている人は少なくないようだ。本は、一字一句、隅から隅まできっちり読まなければと思い込んでいるとしたら、ちょっとほかの本の読み方にも目を向けてみてはどうだろう。

 本書は、「Lifehacker[日本版]」を始めとして、数多くの媒体で書評を担当している著者が、自身の経験から編み出した本の読み方を教えてくれる指南書である。「なぜ読むのが遅いのか」に始まり、本のエッセンスの捕らえ方、メモの取り方など、本を楽しく効率的に読むための独自の方法を詳しく教えてくれる。時間がなくても、本を読むのが苦手でも、取り入れやすい方法ばかりなので、本書を読んですぐに、“積ん読”になっていた本を取り出してきたくなるはずだ。

 印南氏の読書術は、本の読み方を教えてくれるだけではない。本を読むためにお勧めの時間や場所、本を選ぶ場所、保存しておく本の決め方など、読書の最中のこと以外のプロセスにまで言及している。これなら、「そもそもどんな本を選べばいいのか分からない」という人や、「本を読んだらどうすればいいのか」と困っている人にも役立つ。特に、「本を読むのが苦手」と思い込んでいる人にこそ、手にとって欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社