お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

[ブックレビュー]仕事で役立つ“集中力”の身につけ方--「フォーカス」

2016/01/30 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本経済新聞出版社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 368ページ / 日本経済新聞出版社 / 価格:1836円 / 著者:ダニエル・ゴールマン / 監修:土屋 京子 / 発売日:2015/11/26 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.2cm×3.0cm / 重量:0.4kg
内容:仕事や勉強になかなか集中ができない、注意力が散漫で覚えたいことが身につかない――といった悩みを抱えている人も多いかもしれない。そもそも集中力と注意力とはどう違うのか。集中力の身につけ方を多くの事例から解説する。
Amazon.co.jpアソシエイト

 集中を分散させてしまう要因が、現代には数多く存在する。多すぎる情報やうるさすぎる環境など、意識して集中しやすい状態にならないと、集中することはなかなかに難しい。集中していると、難しいことが理解でき、物事を正しく処理できる。しかしながら、集中していないように見える「ぼーっとしている状態」でも、必ずしもそれが悪いとは限らない。「集中している」あるいは「注意している」とは、どういうことか。

 本書では、「注意」と「集中」という言葉が、時には同義で扱われているが、何にも注意をそらされないで、注意を向けるべきことに注意し続けている状態を「集中している」と解釈できる。つまり「注意力が散漫」な状態は、「集中していない」ことになる。集中力や注意力がなくて困るということはあっても、集中あるいは注意しすぎるから困るということは、あまりなさそうに思える。しかし実際には注意しなくてもいいことに、注意が向きすぎてしまって困っている人の事例が、本書には登場する。

 本書は、読めばすぐに集中力が高まるといった類のハウツー本ではないが、注意と集中にまつわる多くのエピソードと、膨大な過去の実験や論文に基づく考察から得られるヒントは多い。今後のために集中力を鍛えたいという人は、まず本書を集中して読むのが最初の試練になるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社