お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Kickstarter

体温を24時間測り続けるスマートデバイス「Butterfly」--赤い光で発熱を警告

2016/03/25 17:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 具合が悪いときには体温を測り、結果によって対応を考える。大人は自分で判断できるが、子どもは微熱から急に高熱になったり、高い熱を出していても元気に遊んでいたりするから油断できない。

 そこで、体温を常に計測し、急な発熱を警告するスマートデバイス「Butterfly」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

体温を24時間測り続ける(出典:Kickstarter)
体温を24時間測り続ける(出典:Kickstarter)

 Butterflyは、脇の下に貼り付けておく小さな温度センサがBluetoothで通信し、テーブルなどに置いておく本体から体温を確認できるシステム。24時間継続的に測れるので、体温の変化を捉えやすい。センサを複数使って同時に複数の人の体温を測ることも可能。

脇の下に貼り付けるセンサは直径2cm(出典:Kickstarter)
脇の下に貼り付けるセンサは直径2cm(出典:Kickstarter)

 体温は本体ディスプレイに数字で示されるほか、本体下部に設けられたライトの光でも表現される。光の色が青だと平熱、黄色だと体温がやや上がった状態、赤だと発熱を意味する。また、あらかじめ設定しておいた温度を超えるとアラームを鳴らすように設定できる。

色で発熱を知らせてくれる(出典:Kickstarter)
色で発熱を知らせてくれる(出典:Kickstarter)

 本体は無線LAN(Wi-Fi)経由でスマートフォンと連携し、アプリから体温の変化をグラフで確認したり、各種設定を施したりできる。投薬タイミングを管理する機能も備える。

Wi-Fi経由でスマホと連携(出典:Kickstarter)
Wi-Fi経由でスマホと連携(出典:Kickstarter)
アプリで体温の変化や投薬を確認(出典:Kickstarter)
アプリで体温の変化や投薬を確認(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間4月26日まで。目標金額の10万ユーロに対し、記事執筆時点(日本時間3月25日15時)で集めた資金はまだ約2000ユーロ。キャンペーン期間はあと31日ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社