お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「iPhone」ロック解除問題でイスラエルの企業CellebriteがFBIに協力か

2016/03/24 10:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦捜査局(FBI)は米国時間3月21日、サンバーナーディーノ銃乱射事件のSyed Farook容疑者が使っていた「iPhone 5c」のロック解除に関して、Appleの協力は不要になる可能性を示し、22日に予定されていた審理の延期を求めた。そして今、その根拠かもしれない情報が報じられている。

 Yedioth Ahronoth紙の23日の報道によると、スマートフォンのデータの転送や抽出を専門に扱うイスラエルの株式非公開企業Cellebriteが、問題のiPhoneのロック解除に関して、FBIに協力しているという。匿名の業界情報筋が同紙に述べたところによると、Cellebriteがロック解除に成功すれば、FBIは問題のiPhoneに関してAppleの協力を求める必要がなくなるという。

 審理の延期を法的勝利と宣言するのはまだ早い、とAppleの弁護団は22日に述べている。この代替的な方法がうまくいかなければ、両者は結局、法廷で対決することになる。

 Cellebriteは「UFED」という名称の下で、軍や法執行機関、法人のセキュリティ担当部署が使用するさまざまなモバイルデータ製品を開発している。同社のウェブサイトによると、これらの製品は、「何千台ものモバイル端末からビット単位でデータを抽出し、徹底的に復号および分析できる機能を提供」するという。

 同社の端末の1つである「UFED Touch」を使えば、「Android」スマートフォンのパターンロックやパスワード、PINを迂回することができる。さらに、同社は「Apple端末からの抽出と復号に関して最も広範なサポート」を提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社