お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

スマホの画面上で成形をする超小型3Dプリンタ「OLO」--光硬化樹脂を利用

2016/03/22 13:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの画面上で3D物体を製作できる超小型3Dプリンタ「OLO」が、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場して人気を集めている。

スマホの画面上で3D物体を製作(出典:Kickstarter)
スマホの画面上で3D物体を製作(出典:Kickstarter)

 OLOの使い方は簡単。スマートフォンの画面を上に向けて置いてカバーをかけ、そこに液体状の樹脂を入れて蓋(ふた)をするだけ。これで3D物体が作れてしまう。

使い方は簡単(出典:Kickstarter。数字は筆者が追加)
使い方は簡単(出典:Kickstarter。数字は筆者が追加)
画面の方から成形されていく(出典:Kickstarter)
画面の方から成形されていく(出典:Kickstarter)

 動作の秘密は、「Daylight Resin」と呼ばれる白色光に反応して硬化する特殊な樹脂。外部から光が入らないように蓋をかぶせ、専用アプリでスマートフォンの画面を適切に光らせることで、3D物体を成形する仕組みだ。

秘密は光に反応して硬化する樹脂(出典:Kickstarter)
秘密は光に反応して硬化する樹脂(出典:Kickstarter)

 成形精度は、最高で水平方向が0.042mm、垂直方向が0.036mmあるとしている。作れる物のサイズは最大76x128x52mm。

作れる物のサイズは最大76x128x52mm(出典:Kickstarter)
作れる物のサイズは最大76x128x52mm(出典:Kickstarter)

 サイズが172x115x148mm、重さが780gと軽量コンパクトなうえ、スマートフォンと単3電池4本さえあれば使えるので、持ち歩いて外出先でも3Dプリントできる。一般の3Dプリンタと違って音も静かなため、使用場所を選ばない。

持ち運んで使える軽量コンパクトな3Dプリンタ(出典:Kickstarter)
持ち運んで使える軽量コンパクトな3Dプリンタ(出典:Kickstarter)

 スマートフォンは、画面サイズが5.8インチのモデルまで使用可能。iOSデバイスの「iPhone 6s Plus」、Androidデバイスの「Galaxy A7」などだけでなく、Windowsスマートフォンも使える。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間4月21日まで。記事執筆時点(日本時間3月22日12時)でキャンペーン期間はあと29日残っているが、すでに目標金額8万ドルの3倍近い21万ドル以上の資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社