お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Apple TV」向け「tvOS 9.2」が公開--パスワードの音声入力やフォルダによる整理に対応

2016/03/22 07:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏は米国時間3月21日、「Apple TV」OSの最新ソフトウェアアップデートである「tvOS」バージョン9.2のダウンロード提供を開始したことを発表した。

 Apple TVにどのようなアップグレードが加えられたのだろうか。これまでのベータ版に示されていたように、そのほとんどが同機器を使いやすくすることを目的としている。その一部を紹介する。

「Siri」によるアプリストアの音声検索

 Apple TVアプリストアはかつてないほど充実しているが、これまで「Siri Remote」による音声検索は利用できなかった。これが今回、利用できるようになっている。特定のアプリタイトルに加え、「Games」などのカテゴリをSiri Remoteに対する音声入力によって検索することができる。

音声のテキスト変換

 Siri Remoteの便利な利用方法が追加されている。ユーザー名やパスワードといった面倒なテキスト入力操作に対し、画面に表示されたキーボード上で指を水平方向にスワイプしながら文字を入力する代わりに、文字、番号、記号を1つずつSiri Remoteのマイクに音声で入力することができる。ただし、「#$@~」といった文字を正しく発音するように気を付けてほしい。

ホーム画面のフォルダ、新しいアプリスイッチャー

 ホームページ上にアプリがあふれ返ってはいないだろうか。今回ようやく、「iPhone」や「iPad」と同じように数回のクリックで、それらをカスタムフォルダに整理できるようになった。また、実行中アプリの切り替えが可能なアプリスイッチャーが、洗練されたデザインに刷新されている。

 バージョン9.2へのアップデートは21日、すべての新しい(2015年版)Apple TVを対象に無償アップグレードとして提供開始されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社