お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

オートデスクと3D Robotics、ドローンによる測量・3Dデータ作成で協力

2016/03/14 15:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オートデスクは3月14日、3D Roboticsが、同社のドローン「SOLO(ソロ)」を使用して飛行測量から作業地域の3Dデータ化までを自動で行う「Site Scan(サイト スキャン)」を開発し、米国で発売したと発表した。

 3D Roboticsは、オートデスクが提供しているプラットフォーム「Forge(フォージ)」のパートナー企業で、ドローンシステムを開発、販売している。

 Forgeは、クラウドベースのソフトウェアやサービスをデベロッパー各社とともに開発・推進するプログラム。ソフトウェア開発者向けAPIやSDK、イベントプログラム、1億ドルの基金の3要素で構成されており、革新的な次世代のテクノロジを共通のクラウドプラットフォーム上で開発し、新たな時代の製品デザイン・設計・製造・利用方法を提供しながら、ものづくりの未来を具現化していくエコシステムの実現を目指している。

 Site Scanは、Forgeで提供されるAPIを使用して開発されたもので、SOLOとSite Scanで撮影した現場の写真を、オートデスクのクラウドサービス「Autodesk ReCap」に自動的に送信し、3Dデータを作成するソリューションだ。

ドローン SOLOを飛行させている様子
ドローン SOLOを飛行させている様子

 なおSite Scanは、土木測量向けに開発されたもので、ドローンによる作業現場の撮影範囲指定から3Dデータ作成までをすべて自動で行うため、専門知識やスキルがなくても効率的に高精度な測量作業が行えるという。

 また、作成された3Dデータは、オートデスクのBIM/CIMアプリケーションなどで利用でき、地図作製、造成計画、実施設計、工事進捗管理などの工程でも活用できる。

 3D Roboticsによると、日本など米国以外の国でも同システムの販売を検討しているという。日本においては、国土交通省がドローンなどを使用した測量、検査、維持管理の取り組みを「i-Construction」として推進しており、オートデスクも最新技術を活用して、この取り組みを支援するという。

作成した3DデータをInfraWorks 360に取り込んだ様子
作成した3DデータをInfraWorks 360に取り込んだ様子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社