お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Kickstarter

デザインが変わる“ハリポタ”風バッジ「Pins Collective」--アニメ表示も可能

2016/03/14 15:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界的な人気ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズに、表示するメッセージを自由に変えられるバッジが登場した。魔法使いだからこそ使えるバッジだったが、SF界の巨匠であるアーサー・C・クラーク氏によると「高度に発達した科学は魔法と区別がつかない」そうなので、現代の技術を使えばハリポタのバッジも実現できるだろう。

 同じことを考える人はほかにもいて、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」にカラーディスプレイでデザインを変えられるピンズ(ピンバッジ)「Pins Collective」が登場した。

デザインを変えられるバッジ(出典:Kickstarter)
デザインを変えられるバッジ(出典:Kickstarter)

 Pins Collectiveは、円形の1.34インチ反射型カラー液晶画面(LCD)を搭載する直径5cmのバッジ。静止画だけでなく、GIFアニメーションの表示も可能。バックライトも備えており、明るい場所でも暗い場所でもよく見える。バッテリ駆動時間は、静止画だと74時間、動画だと2.5時間。

円形カラーLCDを搭載(出典:Kickstarter)
円形カラーLCDを搭載(出典:Kickstarter)

 表示内容は、スマートフォンの専用アプリで変更する。あらかじめ用意されているデザインから好きなものを選んだり、文字や写真、絵などから自分でデザインを作ったりできる。自分のデザインを、Pins Collectiveコミュニティでほかのユーザーと共有しても楽しめる。

スマホから自由に変更できる(出典:Kickstarter)
スマホから自由に変更できる(出典:Kickstarter)

 専用アプリの各種機能にアクセスするためのソフトウェア開発キット(SDK)が用意されているので、ほかのアプリなどからPins Collectiveを操作できるようになる。開発チームは、複数のウェブサービスを連携させる技術If This Then That(IFTTT)にもいずれ対応させたいという。

 なお、ピンズと称しているが、背面から垂直に出ている針をバタフライクラッチで留める形式でなく、いわゆる“缶バッジ”と同じく安全ピンを使うタイプなので、厳密にはピンズではない。

服以外にアイデア次第でさまざまな用途に(出典:Kickstarter)
服以外にアイデア次第でさまざまな用途に(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間4月1日まで。目標金額の7万5000ドルに対し、記事執筆時点(日本時間3月14日12時)でほぼ目標達成の7万4806ドルを集めている。キャンペーン期間はあと17日ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社