お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「iPhone」のバックグラウンドアプリ、バッテリに影響なし--アップル幹部が回答

2016/03/14 10:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」のバックグラウンドで起動中のアプリをこまめに終了させて、バッテリの消費を節約しようとしているなら、それは時間の浪費だ。

 Appleの上級幹部によると、バックグラウンドのアプリはバッテリに影響しないという。

 ブログサイト9to5Macの記事によると、ある読者がAppleの最高経営責任者(CEO)を務めるTim Cook氏にメールを送り、バックグラウンドのアプリを閉じるべきか、そうすることでバッテリ持続時間が長くなるのかを尋ねたという。

 このメールはAppleのソフトウェアエンジニアリング部門シニアバイスプレジデントのCraig Federighi氏に届き、どちらの質問にも「ノー」と返答した。

 読者のメールに答えたのは本当にFederighi氏なのか?9to5Macは米国時間3月10日、メッセージのヘッダーから真正なものであることを確認したと報じた

 Appleは2010年の「iOS 4」のリリースに合わせ、複数のアプリを動作させるマルチタスク機能を導入した。ホームボタンを2度押しすることにより起動中のアプリが表示され、そこから別のアプリに移動できる。また、バックグラウンドで動作しているアプリは、2度押し後の画面からアイコンをスワイプすることにより、閉じることができる。

 Federighi氏の簡潔な返答と同様の説明は、アプリを強制終了する方法を説明するAppleのサポートページでも繰り返されている。ここには、アプリが反応しなくなった場合を除けば、アプリを強制的に閉じる必要はないと書かれている。

通常、アプリが反応しなくなった場合を除けば、アプリを強制的に閉じる必要はありません。ホームボタンを2回すばやく押すと表示される最近使ったアプリは、開いているわけではありません。これらのアプリはすばやく操作して、マルチタスクで扱えるように、効率的なスタンバイモードになっています。

 他のサポートページにも詳細が明記されている。

別の App に切り替えた後、一部の App はしばらく実行を続けた後、一時停止状態になります。この状態の App は使用中でも起動中でもなく、システムリソースを消費することもありません。App のバックグラウンド更新機能を使うと、こうした一時停止状態の App にアップデートや新しいコンテンツがないか確認できます。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社