お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

資格スクエア、個人の理解度に合わせて出題する「脳科学ラーニング」機能

2016/03/15 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットは3月15日、脳研究者・池谷裕二氏監修のもと、人工知能を活用した「脳科学ラーニング(問題演習)」機能をリリースしたと発表した。

オンライン資格試験サービス「資格スクエア」
オンライン資格試験サービス「資格スクエア」

 脳科学ラーニングは、独自のアルゴリズムにより、個人の理解度に合わせた問題が提示でき、従来よりも確実な記憶定着が実現できるという。司法試験講座、行政書士講座を皮切りに、順次提供を開始する。

 理解度に合わせて複数講義分を出題する「確認テスト」、受講者全員が共通した問題を解くテスト形式の「総復習テスト」の問題演習が用意され、脳科学ラーニングの成績や講義の視聴進行度を、成績・進捗管理機能で閲覧できるという。

O×形式の「理解度チェック」
O×形式の「理解度チェック」

 特徴は、解答を「もちろんO」「たぶんO」「たぶん×」「もちろん×」の4択にすることで、記憶が曖昧な状態で正解した問題も判別可能である点。これにより復習時には、「学習者の理解度×全体の正答率」をもとに出題順位が選別され、繰り返すごとに学習者の理解度に沿った問題提示が可能となる。

理解度に合わせて複数講義分を出題する「確認テスト」
理解度に合わせて複数講義分を出題する「確認テスト」

 合格ラインまでにはあとどれくらいなのか、自分の学習はどれくらい進んでいるのかを可視化することで、ユーザーは合格までの見通しを明確に位置づけられるとしている。同社によると、今後は他受講者との比較機能も搭載する予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社