お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

イヤホンを装着して生体認証--NECら、耳穴の形状を音で識別する技術開発

2016/03/07 12:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは3月7日、人間の耳穴の形状によって決まる音の反響を用いた新たなバイオメトリクス個人認証技術を開発したと発表した。長岡技術科学大学の協力によるもの。

 この技術は、マイク一体型イヤホンを耳に装着し、イヤホンのスピーカから数100ミリ秒の音響信号を出力して耳の穴で反響したイヤホンの音をマイクから収集。個人特有の耳の形状によって決まる音響特性を1秒程度で瞬時に測定する。

音響特性の測定イメージ
音響特性の測定イメージ
個人によって異なる耳穴の音響特性
個人によって異なる耳穴の音響特性

 移動や作業をしながらでも個人認証が可能で、秘匿性を守ることができるなど、バイオメトリクス認証の活用の幅を広げる技術という。

 耳の各部のサイズや形状は人によって異なるため、個人の判別に有効で、音響特性から個人の判別に有効な特徴量を抽出する独自技術により、高速かつ高精度な認証(認証率99%以上)を実現するとしている。

 NECは、この技術を重要インフラ施設の保守・管理や警備など安全・安心に関わる業務でのなりすまし防止、無線通信・通話における内容の秘密保持、医療現場など移動中や作業中の認証、さらに特定の人向けや特定の場面での音声ガイドサービスなどへの応用を視野に、2018年度中の実用化を目指す。

 なお、NECと長岡技術科学大学は、今回の成果を3月9日から11日まで、横浜市青葉区・桐蔭横浜大学にて開催される「日本音響学会2016年春季研究発表会」において、10日に発表する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社