お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Slack、音声/ビデオチャット機能を追加へ--幹部のアンダーウッド氏が明言

2016/03/02 11:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Slackのプロダクト担当バイスプレジデントのApril Underwood氏は米国時間3月1日、サンフランシスコでの記者会見で、同社の今後数カ月の計画を明かした。

 最も注目すべきなのは、「HipChat」やFacebook、Skype、「Google Hangouts」などのライバルに対抗して、Slackに音声/ビデオチャット機能を追加するとUnderwood氏が発表したことだ。

 この音声/ビデオチャット機能を利用すると、同僚同士がチャットメッセージ以外の方法でコミュニケーションを取ることが可能になる。ビデオ会議を行うためにGoogle HangoutsやSkypeを起動する必要がなくなるので、Slackアプリ内でのエンゲージメントが活性化される可能性もある。

 Slackは2015年1月にScreenheroを買収した後、スクリーン共有と音声、およびビデオを追加すると発表したが、その機能はまだ実現していない。

 TechCrunchの報道によると、2016年1月にプロダクト担当バイスプレジデントに就任したUnderwood氏は、「われわれはオープン性と透明性の高い企業でありたいと考えている。ユーザーのフィードバックが必要だからだ」と述べたという。

 さらに、2015年12月に200万人だったSlackのデイリーアクティブユーザー数が240万人まで増えたことも発表された。WYSIWYGテキストエディタとより多くの検索演算子も追加される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社