お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マクドナルドの子供向けセット、箱がVRヘッドセットに--スウェーデンで「Happy Goggles」提供へ

2016/03/02 10:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者が幼い頃、McDonald'sの子供向けセット「Happy Meal」には、カウボーイの格好をしたチキンナゲットや、スケートボードに乗ったアニメの猫「Garfield」など、小さなプラスチック製の玩具が付いてきた。それに喜んだものだ。

 現在の子供たちは、Happy Mealでまったく新しい次元の現実を体験しようとしている。

 スウェーデンのMcDonald'sは、仮想現実(VR)ヘッドセットに変身するHappy Mealの箱を使ったキャンペーンを開始する。同社は現地時間2月29日にプロモーション動画を公開し、真っ赤なボックスを展開して、スマートフォンが収まるダンボール製のVRヘッドセットを作成する方法を紹介した。その名も「Happy Goggles」(ハッピーゴーグル)だ。

 McDonald'sは次のように述べた。「当社の使命は、世界で最も有名な箱が今後もさらに30年間にわたって魔法を起こし続け、家族にとって意味のあるものであり続けるようにすることだ。Happy Mealはひたすらに、時代とともに進まなければならない」。Happy Mealは米国で1970年代末に登場したが、スウェーデンでは30周年を祝っているところだ。

子供もVRを楽しめる。
子供もVRを楽しめる。
提供:McDonald's Sweden

 当然のことながら、McDonald'sはこのゴーグルに対応するゲームも開発した。これはスキーゲームで、障害を避けながら慎重に斜面を滑り降りる内容だ。このゲームはスウェーデンのアルペンスキーチームが推奨しており、スキーの安全性について子供たちを教育する狙いがある。ゲームは3月5日にリリースされる。

 Happy Gogglesはスウェーデンでのみ提供されるが、McDonald'sは、近く他の国々にも順次広げていきたいと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社