お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Indiegogo

空中で指先をつまめばスマホやGoProを遠隔操作--スマート手袋「BearTek Gen II」

2016/02/25 16:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動車や自転車の運転中、ランニング中、スキー中など、手の放せない状況でもスマートフォンを操作したい場合がある。スマート指輪によるジェスチャー操作や音声コマンドといったハンズフリー技術は存在するものの、認識精度が物足りないせいなのか、常用している人を見かけない。

 しかし、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で見つけたスマート手袋「BearTek Gen II」なら、指先で確実にスマートフォンをワイヤレス操作できそうだ。

空中をつまんでスマホを操作(出典:Indiegogo)
空中をつまんでスマホを操作(出典:Indiegogo)

 BearTek Gen IIは、Bluetoothでスマートフォンと連携し、何かをつまむような動作でスマートフォンの各種機能を操作できるスマートグローブ。アクションカメラ「GoPro」の遠隔操作にも対応している。

 操作は、親指の特定部分を、ほかの指にそれぞれ複数設けられた「タッチポイント」に触れさせて実行する。単純な操作法なので、誤認識で困ることなく鞄やポケットに入れたスマートフォン、自転車に取り付けたGoProを操作できるだろう。

 具体的には、着信への応答や拒否、「Siri」「OK Google」の起動、音楽の再生やスキップ、音量の調整などが指先の動きだけで操作できる。GoProの録画開始や停止も指示可能。

つまむだけでさまざまな操作が可能(出典:Indiegogo)
つまむだけでさまざまな操作が可能(出典:Indiegogo)

 ソフトウェア開発キット(SDK)が用意されていて、任意のアプリやデバイスをBearTek Gen IIに対応させることもできる。

 Indiegogoでの目標金額は4万ドル。記事執筆時点(日本時間2月25日14時)でキャンペーン期間は25日残っているが、すでに目標を上回る約5万9000ドルの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社