お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ヤフー、屋内向け位置情報サービスを強化へ--IndoorAtlasのビーコン不要な技術を採用

2016/02/25 15:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは、プラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)方式の屋内位置情報サービスを手がける米国企業IndoorAtlasと提携し、日本国内のさまざまな施設で屋内位置情報サービスを提供していく。これにより、屋内における位置検索や道案内のサービス品質を向上させ、新たな広告サービスも実現できると見込む。

屋内位置情報サービスを手がけるIndoorAtlas(出典:IndoorAtlas)
屋内位置情報サービスを手がけるIndoorAtlas(出典:IndoorAtlas)

 IndoorAtlasの位置検出技術は、スマートフォンの磁気センサを利用し、建物の影響で乱される地磁気の状況から屋内でも正確に居場所を特定可能だという。データ管理などに使うクラウドベースのサービスを用意しており、モバイルアプリに位置検索や道案内などの機能を搭載できる。

屋内で乱される地磁気を利用して位置を特定(出典:IndoorAtlas)
屋内で乱される地磁気を利用して位置を特定(出典:IndoorAtlas)

 IndoorAtlasのサービスを利用することのメリットについて、ヤフー執行役員でメディアカンパニー長を務める宮澤弦氏は「(屋内の各所に設置する)ビーコンに依存しない、インフラ不要の“インフラフリー”ソリューション」と説明する。

Baiduなども利用している(出典:IndoorAtlas)
Baiduなども利用している(出典:IndoorAtlas)

 なお、IndoorAtlasはヤフーと結んだ契約の内容を公表していない。契約金額についても当然明らかにしていないが、IndoorAtlasはフリーミアムモデルをベースとする月間アクティブユーザー数基準の価格体系をメリットとして挙げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社