お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、「AMP」へのリンク提供をモバイルブラウザ検索で開始--ページの表示を高速化

2016/02/25 10:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月24日より、「Accelerated Mobile Pages」(AMP)へのリンク提供を開始した。これはユーザーがモバイルブラウザを使ってGoogleで記事やトピックを検索した場合に適用される。Googleによると、AMP適用ページは通常の記事ページと比べるとロード時間が4倍速く、必要な無線通信データは10分の1で済むという。

 このプロジェクトはオープンソースで実施されており、現時点でこのシステムに参加しているパブリッシャーとしては、The New York Times、BuzzFeed、The Guardian、BBCなどが挙げられる。また、Facebookは2015年5月、同社のソーシャルネットワークに投稿される記事を対象に「Instant Articles」と呼ばれるAMPと同様のサービスの提供を始めた。

 Googleが最初にAMPを発表したのは10月のことだった。このフォーマットはスマートフォン向けの記事ページがコード化されている方法を見直すことで、ページをより速くロードできるようにする。通常のページでは、まずテキストをダウンロードし、次に写真、その次に広告といったように、異なる要素が順次ロードされる。これに対して、AMPではそれぞれを個別にロードしている。

スマートフォン上での記事のロードが高速になるようにしたGoogle
Googleは、スマートフォン上での記事のロードが高速になるようにした。
提供:Google

 2015年4月、Googleは、検索結果においてモバイル機器に適したウェブページをそうでないものよりも優先し始めた。メディアはこの施策を「モバイルゲドン」と呼んだ。

 AMPページヘの移行には、潜在的な問題点もある。これを採用していない企業の場合ロードにかかる時間が長いために、Google検索でのページのランキングが下がってしまうおそれがある。この点についてGoogleは、ロードの速さは同社が検索結果に順位付けを行う際に考慮する200以上の要素の1つにすぎないと述べている。

 当面、AMPページが利用できるのは、モバイルブラウザで「Google検索」を使った場合のみとなる。Googleの検索アプリには「まもなく」導入されるという。

 AMPページがスマートフォン用Google検索で表示されるようになった。 AMPページがスマートフォン用Google検索で表示されるようになった。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社