お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Facebook Messenger」「Gmail」の全通信の7割超がバックグラウンド

2016/02/25 07:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Opera Softwareが、モバイルアプリはユーザーから見えないバックグラウンドで大量のデータを通信している、といった内容の調査レポートを公表した。平均すると、モバイルアプリは全データ通信の30%をバックグラウンドで処理していたという。

バックグラウンドで大量のデータを通信(出典:Opera)
バックグラウンドで大量のデータを通信(出典:Opera)

 ここでのバックグラウンド通信とは、ユーザーが使っていない状態でモバイルアプリが実行する通信のこと。メールの同期、広告データの先読み、ニュース記事やフィードの取得などがバックグラウンドで処理されるものの、こうしたデータはユーザーに読まれず捨てられることもある。

 モバイルアプリがこうした動作をする理由について、Opera製品マネージャーのSergey Lossev氏は「ほとんどのアプリはユーザーエクスペリエンスを高めるよう作られており、データ通信量を抑える作りにはなっていない」とした。

 バックグラウンド通信の割合がもっとも高いモバイルアプリは「Facebook Messenger」「Gmail」で、いずれも全データ通信量の約73%をバックグラウンドで処理していた。そのほかのバックグラウンド通信率の高いアプリとして、「Google Drive」(57%)、「WhatsApp」(54%)、「Google Hangouts」(39%)が挙げられた。

 なお、Operaはデータ圧縮アプリ「Opera Max」の利用状況を集計し、この調査を実施した。同アプリには、バックグラウンドのデータ通信が多くなると警告してくれる機能「Smart Alerts」が搭載されている。

Opera MaxのSmart Alerts機能(出典:Opera)
Opera MaxのSmart Alerts機能(出典:Opera)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社