お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MS、「Surface Book」「Surface Pro 4」の更新プログラムをリリース--電源管理の不具合に対処

2016/02/18 11:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Surface Book」と「Surface Pro 4」の一部のユーザーは電力管理機能の不具合に悩まされてきたが、Microsoftがそれを修正するフィックスをリリースした。

 これらの端末の一部ユーザーは、端末が正常にスリープモードに移行したことが一度もないと報告していた。その結果、マシンは熱をもったまま、バッテリを浪費してしまっていた。

 ブログ投稿によると、Microsoftが米国時間2月17日に公開したフィックスには、「Surface BookとSurface Pro 4向けのMicrosoftとIntelのドライバおよびファームウェアアップデートのセットが含まれており、これを適用することで、ユーザーはSurfaceが本来提供すべき電源管理オプションを最大限に利用し、Surfaceの生産性をさらに高め続けることができる」という。

 Surface BookとSurface Proの一部ユーザーが報告している問題は、電源管理機能の不具合だけではない。一部のユーザーは、Intelのディスプレイドライバのクラッシュやランダムに発生するブルースクリーン、端末の再起動に今も悩まされている。

 MicrosoftはすべてのSurfaceユーザーに対し、「Windows Update」経由で提供されるフィックスをすべて適用して、端末を最新の状態に維持することを推奨している。Surface Bookの更新履歴(日本語はこちら)、Surface Pro 4の更新履歴のページ(日本語はこちら)にそれぞれ掲載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社