お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Instagram、2要素認証を導入へ--モバイル版アプリへの提供に向けテスト中

2016/02/17 11:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook傘下のInstagramが2要素認証を導入することになった。同社が米ZDNetの取材に対して認めた。このところ、Instagramユーザー4億人分のアカウントは、ハッカーにとって盗み出す対象として魅力的な存在になってきている。

 この2要素認証は現在テスト段階で、Instagramは同モバイル版アプリに対し、段階的に提供していく計画だ。

 Instagramによると、この2要素認証ツールによって電話番号による確認が可能になり、万が一、第三者が他人の電子メールやパスワードを使ってログインを試みても、そのユーザーに送信される認証コードも入力しなければならないという。この認証コードは、ユーザーが自分のアカウントにアクセスする際に入力する必要がある。

 今回のニュースは、最初にTechCrunchが伝えた

 類似の2要素認証はGoogle、Microsoft Azure、Facebook、Snapchatなど多くの企業やプラットフォームで提供されている。2要素認証は、ハッカーによる電子メールとパスワードを使ったログインを防ぐことから、今や業界標準となっている。こうした電子メールやパスワードはフィッシング詐欺で得られる可能性がある。

 今回の2要素認証機能のリリースに先立ち、Instagramは2月に入り、複数アカウントの切り替え機能をリリースしていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社