お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Kickstarter

水泳の練習を効率化するリストバンド型デバイス「Swimmerix」

2016/02/15 17:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 水のなかに入る必要があることから、水泳のトレーニングは目や耳に頼りにくい。泳ぎのペースが速すぎるのか遅すぎるのかも、リアルタイムに把握することは難しい。


目や耳に頼りにくい水泳のトレーニング(出典:Kickstarter)

 そんな悩みを解消し、水泳の練習を効率よくするためのウェアラブルデバイス「Swimmerix」が、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した。


水泳の練習を効率化(出典:Kickstarter)

 Swimmerixは、腕に装着するスマートウォッチに似たリストバンド、プールサイドやプールの壁面に置いて使うベースステーション、管理やデータ解析をするためのモバイルアプリとクラウドサービスで構成される、競泳用のトレーニング支援デバイス。リストバンドはデータをベースステーションへ無線送信するので、泳ぎに関するさまざまなデータがプールにいながらその場で確認できる。


リストバンドと通信するベースステーション(出典:Kickstarter)

 ベースステーションは据え置き型であるため、泳ぐ速度が正確に測れるという。リストバンドと組み合わせることで、脈拍、ストローク数、泳いだ時間と距離などを計測し、消費カロリーなどのデータを算出する。あらかじめ設定しておいた練習メニューに応じて、泳ぎのペースを上げたり下げたりする指示をリストバンドが光の色で伝える。


泳ぐペースを色で指示(出典:Kickstarter)

 アプリとクラウドサービスで蓄積したデータを比べると、上達具合や課題を明確化し、新たな目標設定に役立てられる。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月11日まで。目標金額の2万4000ポンドに対し、記事執筆時点(日本時間2月15日15時)で約6000ポンドの資金を集めている。キャンペーン期間はあと24日ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社